2017年03月02日

展開が向かず末脚見せるも7着

プリモが7戦目となるJRA交流 アクアマリンフラワー賞に出走しました。

DSCF5243.JPG

今回は短距離の輸送ですがパシュファイヤーを着用しましたが、
効果は無かったらしく、前回に比べればマシですが、まだ発汗が目立つ状態。
結局、外して前回同様に通常の輪乗りの列からは外れ1頭での輪乗りとなりました。

DSCF5238.JPG

パドックでは交流重賞開催日という事もあり今までにない人の数。
それに戸惑ったのかやはりチャカチャカした周回。

DSCF5245.JPG

という事で今回も乗って頂いた川崎リーディング快走中の山崎騎手と共に、
先出しでトコトコとスタート地点へ移動となりました。

DSCF5259.JPG

そして問題のスタート。
五分のスタートも右に一旦行ってしまいます。
山崎騎手曰く、13番の馬が暴れていてビビッて逃げたらしいです。

そんな事もあり結局最後方の一団で第1コーナーから第3コーナーまでレースを進め、
直線に向いた頃には先頭は10馬身以上前。。。
これでは上り2位の末脚を見せるも7着まで。
結局上位は前にいた馬でしたし、今開催は大体前々にいないと
連に絡めない場合が多かったので、展開が向かなかったなーという印象。
やっぱり後ろから行く馬は展開に泣きますね。

次走はプリモに展開が向いてくれると良いのですが。。。
DSCF5265.JPG
posted by Local-Horse管理者 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・3歳)

2017年02月28日

JRA交流 アクアマリンフラワー賞に出走

3/1(水)にプリモが初のJRA交流戦アクアマリンフラワー賞3歳に挑戦します!
WS000034.JPG

今回の交流戦は牝馬限定戦。牝馬限定の中どこまでやれるか。。。楽しみです!
また枠は個人的には是非入って欲しかった大外枠。
まだゲート難があるプリモにとっては良いのではないかと思っていますし、
騎手も川崎リーディングを今年も快走中の山崎誠士騎手が
引き続き騎乗して頂ける事に!

後は当日どれだけプリモが平常心で臨めるか。
まぁ、いつもの通り自分との戦いですね。。。
posted by Local-Horse管理者 at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・3歳)

2017年02月23日

地方デビューのセール出身馬の平均価格を調べてみた。

2010年以降のセールで取引された競走馬の中で、
各地方競馬でデビューした馬の取引価格の平均を調べてみました。

WS000031.JPG

1位、2位は大井を抑えての岩手競馬の盛岡、水沢デビュー馬。
サラブレッドオークションでも高額取引され、
その後、岩手競馬で再デビューというのもありますので、
これはこれでなんとなく納得・・・

とはいえ大井はセール出身馬が610頭と最多ながら平均3位の404万。
やはり全体的に高額馬集まっているということでしょうか。

そしてプリモの所属する川崎は332万で南関東3位。
これを高いとみるか安いとみるか。。。
まぁ、底辺地方馬主の私には高いなーと思っちゃいますね。。。
posted by Local-Horse管理者 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方競馬

2017年02月13日

川崎デビューのセール出身馬の頭数を調べてみた。

最近プリモの話題ばかりで地方競馬に貢献出来ていないのでプリモ以外の話題でも。。。

プリモを購入を購入する前、新馬向けの馬を購入するためオータムセール参加し、
結果はここに記載した通り購入には至りませんでした。
しかしながらお陰でプリモに辿り着いたので、結果オーライだったのですが、
馬を見る力が無い私がセールに参加するのに、
調教師の先生に任せきりもどうだろうと考え、
セール情報を地道な努力で集計し自分用にデータ化してみました。

という事でせっかくなのでその情報を利用して、
プリモが所属する川崎競馬でデビューしたセール出身馬の頭数を調べてみました。

WS000030.JPG

まぁ、そーだろうなと思う結果。サマー、オータムセールに集中してますね。
頭数は年により多い少ないはありますが、ほぼ互角。
でも価格はやはりサマーの方が少し高く平均375万、オータムは196万となっていました。

そして2010年以降のセール出身川崎デニュー馬の獲得賞金TOP5(2/10時点)
サマーでもオータムでもなく1位は北海道トレーニングセール出身。
やはりある程度能力が見易いトレーニングセールで当たりを見つけられれば
大きく賞金を稼ぐんでしょうか。。。

1位:ミラーコロ(北海道トレーニングセール/価格420万/獲得賞金6,184万)
2位:バーンザワールド(オータムセール/価格315万/4,025万)
3位:ヘレニウム(サマーセール/価格336万/3,025万)
4位:グレンデール(サマーセール/価格378万/2,465万)
5位:ディーズプリモ(サマーセール/価格540万/2,220万)

また、上位の種牡馬はゴールドアリュール、ヨハネスブルグ、
サウスヴィグラス、ゴールドヘイロー、シニスターミニスター。
どれも中央、地方問わずにダートで成績を残している種牡馬ですね。
購入の際はやはり素直に優先すべきことなんでしょうね。
posted by Local-Horse管理者 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方競馬

2017年01月31日

3歳初戦は最後方から追い込み4着

プリモの3歳初戦&復帰戦を現地観戦してきました。

DSCF5146.JPG
1月なのに20度を超える温かい日でしたが、
他馬とは格段に汗をかき、輪乗りとは別のところで回っているプリモが。。。
山田先生の話ではやはり厩舎での馬装からスイッチが入っており、
イレ混んでいたのにも関わらず、短い距離ながらも渋滞。。。
これは前走の二の舞か。。。

DSCF5158.JPG
せっかく厩務員さんに綺麗にしてもらっただろうに、
クローバーも映えなくなってしまって。。。

DSCF5160.JPG
それを見たか見ないのかパドックに出た時点では見事に最下位人気でした。
(最後は8番人気でした。)

DSCF5177.JPG
パドックを回っているうちに前走よりは大分良くなりましたが、
まだちょっと気負っている感じ。

DSCF5179.JPG
今日の鞍上は2016年川崎リーディング、いつも笑顔の山崎誠士騎手。

DSCF5184.JPG
山田先生と山崎騎手で相談した結果、返し馬では観客のいるゴール前までは回さず、
他馬とは別にスタート地点への移動となりました。

そして肝心のゲート。
前みたいに潜ることはなさそうだなと思っていたのですが、
なんとゲートに向かって突進。。。口から出血するアクシデント。
そんなアクシデントがありつつもほとんど五分のスタート。

しかし他馬が早いのか行く気が無いのか、1コーナ−付近は最後方。
これは惨敗を覚悟しましたが3コーナー前から進出開始。
他馬が外を回すなか、ラチぴったりに回りコーナリングで押し上げると脚を伸ばして来ます。
しかしここぞという時に前の馬に進路をカットされ、
切り返しているうちに外から差されての4着。
1、2着は大分離れたので良くて3着でしたが、悪い状況ながら良く頑張ったと思います。
本当にお疲れ様でした。

DSCF5193.JPG
posted by Local-Horse管理者 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・3歳)