2011年04月24日

締切迫る!

ホッカイドウ競馬が4月29日からスタートすると共に2歳戦もスタート。
社台オーナーズクラブさんを始め各クラブさんも北海道からスタートする馬も多いので、
楽しみなレースが増えてくると思います。

その中で未だ満口になってない馬は募集が締め切られるわけですが、
キャロットクラブさんの募集馬2頭も4/28に締め切りを迎えます。
動画もアップされており、出資を考えている方はご参考にしてみては如何でしょうか?

詳しくはこちら
posted by Local-Horse管理者 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年04月11日

2010年度 募集中競走馬 考察(シルクホースクラブ編 その4)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第10回 シルクホースクラブさんの募集馬です。

■グレイスフルの09 牝 募集額80万(一口4千/200口)
 父 :サクラローレル
 母父:ブラックタイアフェアー
 岩手・小西重征厩舎予定

父サクラローレルは地味ながらも毎年地方ランキング50位前後に食い込む中堅種牡馬。
特に長距離のダート戦、パワーのいる馬場で高パフォーマンスを発揮する。
母は金沢18勝を上げ繁殖入り。初仔のトップザチャンスは
南関東で5戦2着2回と活躍し出しており、子供の地方適性も証明しつつある。

価格も1口4千円と破格の安さ。
血統的に安くなったものもあると思うが十分に回収できる可能性を秘めており、
実際の募集状況も好評のようなので複数口持っている一口馬主さんも多いかと思う。

また、余談だが当馬はサクラローレル、兄はマヤノトップガンと
私が競馬にハマった時代の3強のうち2頭が父親となっているので、
ぜひともマーベラスサンデーもつけてもらいたいって兄弟で走ってもらいたい。。。
posted by Local-Horse管理者 at 22:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年03月29日

2010年度 募集中競走馬 考察(シルクホースクラブ編 その3)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第9回 シルクホースクラブさんの募集馬です。

■グラスレザンの09 牡 募集額350万(一口1.75万/200口)
 父 :スウェプトオーヴァーボード
 母父:Gulch
 大井・鷹見浩厩舎予定

父は2010年にランキング21位まで着実に上昇している名馬エンドスウィープの直仔。
マイルまでなら芝・ダート問わず走る産駒が多く地方にも順応している。
早い段階から走る馬が多く、成長力はさほどでないが持続して活躍する。
母は中央未勝利ながら盛岡で3連勝を飾り引退。
繁殖牝馬としては福山で12勝のシルクアイオロス、金沢で4勝のシルクシグナル、
中央1勝のグラスヴィクターと輩出した産駒は全て勝利を挙げている。

ミスタープロスペクター4×3のクロスを始めインブリードを多く多用している配合で、
スピード重視といった配合で2歳から飛ばしてくれそうな血統である。
2歳の早いうちから楽しみたいという方にはオススメしたい。
posted by Local-Horse管理者 at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年03月21日

2010年度 募集中競走馬 考察(シルクホースクラブ編 その2)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第8回 シルクホースクラブさんの募集馬です。

■シルクフレアーの09 牡 募集額350万(一口1.75万/200口)
 父 :ジャングルポケット
 母父:Danzig
 大井 佐野謙二厩舎予定

父ジャングルポケットは中央競馬ではトップ10に入る一流種牡馬。
しかし、芝向き種牡馬で地方の砂では思ったように成績が残せていません。
母は繁殖牝馬として中央4勝のシルクヴェルリッツ、中央2勝のシルクヴァルキリーを輩出。
両馬共に芝・ダートを問わない産駒で大種牡馬Danzig力が素直に伝わっているように思える。

母からはダートも走りそうな気配がするが、やはりジャングルポケット産駒なので芝で走らせてみたい。
JRA認定戦をなんと勝ち抜いて中央で走れれば面白そう。
とはいえ母系はパワー溢れる血統なのでダートも何とかなるかも。。。
posted by Local-Horse管理者 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年03月07日

2010年度 募集中競走馬 考察(シルクホースクラブ編 その1)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第7回 シルクホースクラブさんの募集馬です。

■シルクフローラの09 牡 募集額250万(一口1.25万/200口)
 父 :シーキングザダイヤ
 母父:ブライアンズタイム
 大井 上杉昌宏厩舎予定

父シーキングザダイヤは2008年のみ日本で種牡馬生活をし海外移籍してしまったが、
大種牡馬ストームキャットと名馬シーキングザパールの仔として期待出来る。
母は中央で19戦し平地、障害で1勝ずつあげ引退。
初仔から勝ち上がり繁殖牝馬としても成功しつつあるし、
母父ブライアンズタイムは5年連続で地方BMSの5位以上を確保するなど
地方での適性も期待出来る。
個人的にはシーキングザダイヤにはダート種牡馬として結構期待しており、
母父ブライアンズタイムとの組み合わせは理想的といっても過言ではない。

クラブでは「競走馬としてのあらゆる資質がバランス良く備わっている1頭です。」と
ありますが、この血統ならある程度距離の融通も利くだろうし幅広いレースで活躍しそう。
少なくとも募集額の250万は稼いでくれると思われる。

シルクの他募集馬より人気が出ているようなので、
出資する方は早めに応募したほうが良いと思われる。
posted by Local-Horse管理者 at 00:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年03月01日

2010年度 募集中競走馬 考察(ターファイトクラブ編 その2)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第6回 ターファイトクラブさんの募集馬です。

■チョウカイパープルの09 牡 募集額300万(一口3万/100口)
 父 :ローマンエンパイア
 母父:アンバーシャダイ
 北海道 北川數男厩舎予定

父ローマンエンパイアは重賞1勝ながら中距離からスプリント、ダートまでこなす万能屋。
初年度産駒となる本世代は2頭と産駒数は多くない。
母は地方5勝で引退後繁殖入り。産駒は様々な種牡馬をつけるも成績は芳しくない。
しかし、叔父母にGT馬チョウカイキャロルを持つなど血統的な魅力は十分にある。

デビューは北海道ですが、認定戦さえクリア出来れば中央挑戦を考えているようで、
成績を残せなければその時点で引退を覚悟で送り出すと生産牧場さんは語っており、
同クラブもその意気込みでレースに臨むようです。

大変貴重な血統で最近の流行の血統からは遠く出資を断念する方は多いと思いますが、
個人的にはローマンエンパイアとアンバーシャダイは相性が良さそうですので、
クラブの言うとおり安い価格でJRA挑戦が可能というのもあながち嘘じゃなさそうです。
posted by Local-Horse管理者 at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年02月27日

2010年度 募集中競走馬 考察(ターファイトクラブ編 その1)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第5回 ターファイトクラブさんの募集馬です。

■チアーズの09 牝 募集額300万(一口3万/100口)
 父 :ビッグサンデー
 母父:パントレセレブル
 川崎 池田孝厩舎予定

父はビックサンデーの産駒はあまり多くないが、
同クラブのクイーンサバンナなど地方に強い産駒が多く、
その産駒の多くは息の長い活躍をしている。
母は未勝利で引退したが初仔となった同クラブのベンスプライトが地方2勝と活躍。
母父パントレセレブルはBMSとしては結果を残せていないが、
名馬ヌレイエフの後継種牡馬で活躍する可能性は十分秘めていと思われる。

同クラブでは「ケガや病気とは無縁です」とコメントされているように、
父から丈夫さを引き継ぎ安定してレースに出走できそうです。
馬主さんとしては走っている姿が多く見れることもかなりの重要ですよね。
また、川崎リーディング上位の調教師さんの手腕にも期待したいところです。
posted by Local-Horse管理者 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年02月23日

2010年度 募集中競走馬 考察(キャロットクラブ編 その2)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第4回 キャロットクラブさんの募集馬です。

■マチカネベニツバキの09 牝 募集額700万(一口7万/100口)
 父 :ローエングリン
 母父:サンデーサイレンス
 北海道または南関東 厩舎予定

父は2011年初が産駒初デビューとなりシングスピールの後継種牡馬として期待される。
現役時は堅実な走りが評価されており海外でも活躍。
産駒にもそのような柔軟性と安定性が期待できる。
母は中央で26戦3勝と活躍。主にマイルから中距離で好成績を残しています。
父サンデーサイレンス、母父ノーザンテーストという日本を代表する血統で、
家系として安定した成績を残す馬が多いようです。
(クラブでも兄姉全頭勝ち上がりをアピールしています。)

父が未知数ながらも母系の堅実さ、血統の良さは評価できる。
馬体は2月現在で調教は順調にこなすものの馬体重は410kg強とちょっと小さ目だが、
調教を何が悪いとかで休むことはないらしく、
父と母から良い点である丈夫さが伝わっていると思われ、
デビュー後もコンスタントにレースに出れそうである。

個人的にキャロットクラブさんで出資するならこの馬が面白いと思う。
posted by Local-Horse管理者 at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 一口馬主

2011年02月22日

2010年度 募集中競走馬 考察(キャロットクラブ編 その1)

各クラブでまだ募集中の競走馬を素人の管理人が考察してみました。
今回は第3回 キャロットクラブさんの募集馬です。

■キッズエンジェルの09 牝 募集額700万(一口7万/100口)
 父 :ファルブラヴ
 母父:ステイゴールド
 北海道または南関東 厩舎予定
 
父ファルブラブの代表馬はワンカラット、ダンスファンタジアを筆頭に
牝馬に活躍馬が偏っている珍しい種牡馬。
フェアリーキングの直仔だけあって早期から活躍する馬が多く
2歳から高い完成度を誇ります。
芝では短距離のイメージですが、ダートでは短距離より中距離の方が合うようです。
母は中央の芝を中心に15戦1勝で引退し繁殖入り。当馬が初仔となります。
兄弟には地方で複数の勝ち鞍を上げる馬もいるので
ダートもこなせる可能性を秘めています。

また、ファルブラブ産駒の活躍馬は450kgを超える馬が多く、
当馬も2月時点で470kgを超えた上に順調に調教を積んでいるところも好印象。
2歳の早い時期にデビューし活躍が期待できると思います。

心配な点は母父ステイゴールドはBMSとしてはいまいち結果が出せていない点と、
どちらかというと芝向きな印象を受ける点でしょうか。
posted by Local-Horse管理者 at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 一口馬主