2018年09月27日

スタート決まるもそれ以降が噛み合わず6着

プリモが9/26(水)浦和10レース(曼珠沙華特別B3三組)に出走しました。

S0016115.JPG

実は春先に勝って以来となる浦和遠征。
当日は雨が降っていないものの、馬場はそれなりに湿っていて不良。
タイムは良より掛かっているイメージなので、降るならもっと降って欲しかったなと。

S0136132.JPG

久しぶりのプリモにとっては長距離輸送もあって、
馬運車、待機馬房ではうるさかったらしいですが、
パドックであったプリモは比較的いつものプリモ。
状態は引き続き良い意味で平行線といった感じでしょうか。

S0246144.JPG

今回も騎手は引き続きプリモの調教パートナーの藤江騎手。
実は藤江騎手が乗った際は殆ど出遅れているのですが、
それが藤江騎手のせいなのか、川崎1500mが原因なのか
今回はっきりするなと思っていました。

結果、スタート綺麗に出ましたw
プリモは本当に川崎1500mのスタート地点が嫌いらしい。

S0286157.JPG

というわけでスタートは切れたプリモさんですが、
当日の前残りの馬場を考えて果敢に仕掛けていき3番手をキープ。
これなら前が落ち着いて、息を入れられればと思ったら、
2コーナー手前から捲ってった馬がいた関係でペースが落ち着かない。。。

そのせいかいつもの3コーナーからの上がって行く感じは無く、
伸びる感じも無く、なだれ込むように6着でゴール。
結果今回はいつもと逆でスタート以外噛み合わないレースとなりました。

とはいえ、それでもB3クラスで6着にまとめるあたりに、
プリモの成長を感じさせる一戦となりました。

これで今年11戦して掲示板に7回も乗ってくれたので、
育ちの地、下河辺トレーニングセンターさんで一休み。
年末か正月開催には戻ってきてくれる予定なので、
その際は皆様、また応援して頂ければ幸いです。

posted by Local-Horse管理者 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・4歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184523284

この記事へのトラックバック