2017年03月02日

展開が向かず末脚見せるも7着

プリモが7戦目となるJRA交流 アクアマリンフラワー賞に出走しました。

DSCF5243.JPG

今回は短距離の輸送ですがパシュファイヤーを着用しましたが、
効果は無かったらしく、前回に比べればマシですが、まだ発汗が目立つ状態。
結局、外して前回同様に通常の輪乗りの列からは外れ1頭での輪乗りとなりました。

DSCF5238.JPG

パドックでは交流重賞開催日という事もあり今までにない人の数。
それに戸惑ったのかやはりチャカチャカした周回。

DSCF5245.JPG

という事で今回も乗って頂いた川崎リーディング快走中の山崎騎手と共に、
先出しでトコトコとスタート地点へ移動となりました。

DSCF5259.JPG

そして問題のスタート。
五分のスタートも右に一旦行ってしまいます。
山崎騎手曰く、13番の馬が暴れていてビビッて逃げたらしいです。

そんな事もあり結局最後方の一団で第1コーナーから第3コーナーまでレースを進め、
直線に向いた頃には先頭は10馬身以上前。。。
これでは上り2位の末脚を見せるも7着まで。
結局上位は前にいた馬でしたし、今開催は大体前々にいないと
連に絡めない場合が多かったので、展開が向かなかったなーという印象。
やっぱり後ろから行く馬は展開に泣きますね。

次走はプリモに展開が向いてくれると良いのですが。。。
DSCF5265.JPG
posted by Local-Horse管理者 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・3歳)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178951521

この記事へのトラックバック