2017年02月23日

地方デビューのセール出身馬の平均価格を調べてみた。

2010年以降のセールで取引された競走馬の中で、
各地方競馬でデビューした馬の取引価格の平均を調べてみました。

WS000031.JPG

1位、2位は大井を抑えての岩手競馬の盛岡、水沢デビュー馬。
サラブレッドオークションでも高額取引され、
その後、岩手競馬で再デビューというのもありますので、
これはこれでなんとなく納得・・・

とはいえ大井はセール出身馬が610頭と最多ながら平均3位の404万。
やはり全体的に高額馬集まっているということでしょうか。

そしてプリモの所属する川崎は332万で南関東3位。
これを高いとみるか安いとみるか。。。
まぁ、底辺地方馬主の私には高いなーと思っちゃいますね。。。
posted by Local-Horse管理者 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178870045

この記事へのトラックバック