2016年04月16日

下河辺トレーニングセンターのご紹介

今回はプリモを預かって頂いている下河辺トレーニングセンターさんを簡単にご紹介。

IMG_4069.JPG

下河辺トレーニングセンターは東関東自動車道の大栄インターチェンジを降りて、
10〜15分ほどで着く都心からアクセスしやすい場所にあります。
私達もそこが利点でお願いした経緯もあり、川崎からも空いていれば2時間もかかりません。

IMG_2538.JPG

同牧場は育成以外にも生産、船橋、大井の外厩も行っており、
生産〜育成〜セリ〜外厩と競走馬に関わる一通りの業務を行ってらっしゃいますので
育成だけではわからない色々なエッセンスを加えてくれるはずです。

IMG_2569.JPG

施設としてはダートコース、坂路馬場、角馬場、サンシャインパドック、
ウォーキングマシン、練習用ゲート、ウォータートレッドミルとなっており、
この施設を使ってプリモを立派な競走馬に育てて頂いております。

また、上記にも書いたように外厩認定も取得しており、
実際に動画でプリモの調教をお手伝いしてくれた
下河辺トレーニングセンターさん所有のエリザヴェータ号が、
大井競馬場で年明けに勝利しています。

IMG_2562.JPG

生産も行っているのでかわいい若駒も何頭か。
(見ているとついつい欲しくなっちゃいます。買えないけど。。。)

そして今回の記事の目玉はこちら!!
なんと下河辺トレーニングセンターさんが中央競馬のオーナーズクラブを立ち上げました!
募集馬はなんとマンハッタンカフェとフローラSを勝った重賞馬シンコールビーの産駒。
これで1,000万(一口100万)なら安いかと(個人的にですが。。。)

下河辺さん曰く今後ラインナップも増やしていくとの事ですので、
同時に地方もやってくれないかなーって期待してたりして。。。
posted by Local-Horse管理者 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174922160

この記事へのトラックバック