2017年01月31日

3歳初戦は最後方から追い込み4着

プリモの3歳初戦&復帰戦を現地観戦してきました。

DSCF5146.JPG
1月なのに20度を超える温かい日でしたが、
他馬とは格段に汗をかき、輪乗りとは別のところで回っているプリモが。。。
山田先生の話ではやはり厩舎での馬装からスイッチが入っており、
イレ混んでいたのにも関わらず、短い距離ながらも渋滞。。。
これは前走の二の舞か。。。

DSCF5158.JPG
せっかく厩務員さんに綺麗にしてもらっただろうに、
クローバーも映えなくなってしまって。。。

DSCF5160.JPG
それを見たか見ないのかパドックに出た時点では見事に最下位人気でした。
(最後は8番人気でした。)

DSCF5177.JPG
パドックを回っているうちに前走よりは大分良くなりましたが、
まだちょっと気負っている感じ。

DSCF5179.JPG
今日の鞍上は2016年川崎リーディング、いつも笑顔の山崎誠士騎手。

DSCF5184.JPG
山田先生と山崎騎手で相談した結果、返し馬では観客のいるゴール前までは回さず、
他馬とは別にスタート地点への移動となりました。

そして肝心のゲート。
前みたいに潜ることはなさそうだなと思っていたのですが、
なんとゲートに向かって突進。。。口から出血するアクシデント。
そんなアクシデントがありつつもほとんど五分のスタート。

しかし他馬が早いのか行く気が無いのか、1コーナ−付近は最後方。
これは惨敗を覚悟しましたが3コーナー前から進出開始。
他馬が外を回すなか、ラチぴったりに回りコーナリングで押し上げると脚を伸ばして来ます。
しかしここぞという時に前の馬に進路をカットされ、
切り返しているうちに外から差されての4着。
1、2着は大分離れたので良くて3着でしたが、悪い状況ながら良く頑張ったと思います。
本当にお疲れ様でした。

DSCF5193.JPG
posted by Local-Horse管理者 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・3歳)

2017年01月29日

1/30 川崎2R 3歳(三)(イ)(1500m)に出走

プリモの3歳初出走+休み明け復帰戦が1/30(月)の川崎2レースに決まりました。

WS000027.JPG

最近ゲート難を抱えるプリモですので、本当は偶数枠、
あわよくば大外枠がほしかったのですが、まさかの最内枠。。。
という事で引き続きプリモはまず自分との戦いに勝たないと、
他馬とは同じスタートラインに立てないとおもいます。。。
(故に現状人気もなさそうです。。。)

でもしっかり自分との戦いに勝ち、同じスタートラインに立てれば
差はないと個人的には思いますので、現地で期待をちょこっと胸に応援したいと思います。
posted by Local-Horse管理者 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・3歳)

2017年01月11日

リフレッシュ放牧より無事帰厩

下河辺トレーニングセンターさんにリフレッシュ放牧に出ていてプリモですが、
先週末に無事に山田質厩舎に帰厩。
馬運車の中で大暴れして落鉄するなどありましたが、
怪我もなく馬体重も425kgと放牧に出た時よりは増えているので御の字でしょう。。。

IMG_9424.JPG

放牧に出した当初はかなりイレ混んでいましたが、
私が下河辺トレーニングセンターさんに伺った際には、
育成時の大人しいイメージのプリモでしたので、
良いリフレッシュが出来たのかなと思ってます。

復帰戦はおそらく1月末の川崎開催から。
レース選びは色々考えられそうですが、
まずはゲートに出遅れず、普通にレースに参加出来ればと。
さて、どうなりますか。。。
posted by Local-Horse管理者 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プリモ(川崎・3歳)

2017年01月04日

2016年度成績集計

遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
昨年は仕事の関係もあり、大分更新がありませんでしたが、
今年はプリモの情報だけではなく、
少しでも皆様の参考になるように運営して行きますので、
皆様、宜しくお願い致します。

2016年の獲得賞金、回収率はトップ4まで同じ順番となりました。
1位のジャルディーノは7歳にして重賞初制覇を含む8戦3勝。
その1勝は年末の師走オープンなので、2017年も大いに期待できそうです。

2位のトロヴァオは今年4戦ながらもダービーグランプリ優勝、
羽田盃2着と重賞で好走したことにより2位にランクイン。
残り少ないカネヒキリ産駒の代表産駒となるでしょうか。

そして3、4位には今年の2歳馬の募集を見送っている
シェアリンクレーシングさんのミサイルマン、プレイザゲームとなりました。
特にミサイルマンは今年のクラシックの中心となる馬でしょうから、
2017年の総括でも上位にきそうです。

なお、獲得賞金、回収率上位のジャルディーノ、トロヴァオ
ララベル、エクレアオールは大井の荒山調教師厩舎の所属。
トレンドは社台さん系クラブ+荒山調教師入厩という事でしょうか?
募集馬を見る際は厩舎にも注目ですね。

なお、比較的新しめの一口馬主クラブのグリーンファーム愛馬会の
マジックカーペットが回収率部門で8位でランクイン。
マジックカーペットはグリーンファーム愛馬会の地方ファンド第2期出身で
デビュー3連勝から兵庫・最優秀2歳馬に選ばれるほどの活躍。
今年デビューの募集も完了しているなど、
皆さんにも注目されていることが伺えますね。

■2016年 獲得賞金 ベスト10(単位:万/クラブ)
1:ジャルディーノ(3,550/社台オーナー)
2:トロヴァオ(2,445/キャロット)
3:ミサイルマン(2,350/シェア)
4:プレイザゲーム(2,128/シェア)
5:ララベル(1,510/社台オーナー)
6:エクレアオール(1,180/社台オーナー)
7:ストロングジーン(1,022/社台オーナー)
8:スアデラ(980/社台オーナー)
9:カールトンガーデン(916/キャロット)
10:ワカチナ(898/社台オーナー)

■2016年 回収率 ベスト10(単位:%/クラブ)
1:ジャルディーノ(355/社台オーナー)
2:トロヴァオ(245/キャロット)
3:ミサイルマン(235/シェア)
4:プレイザゲーム(177/シェア)
5:ルミナスコマンダー(162/ビックダディ)
6:ララベル(151/社台オーナー)
7:エクレアオール(148/社台オーナー)
8:マジックカーペット(136/グリーン)
9:ビーディフォース(129/ビックダディ)
10:カールトンガーデン(114/キャロット)

■2016年 1着数
5勝:エクレアオール(6戦5勝/社台オーナー)
4勝:カールトンガーデン(8戦4勝/キャロット)
4勝:オーバークロック(6戦4勝/社台オーナー)
4勝:ケアロハ(6戦4勝/サンデー)
posted by Local-Horse管理者 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記